Newsお知らせ

研修会2021.04.08

今月の産業保健に関する研修会テーマは「勤労者の不眠症について」です。
不眠症は重篤な精神疾患の前駆症状であるだけでなく、自律神経の乱れを介して様々な生活習慣病をも引き起こすことがあります。不眠に悩む多くの勤労者が心療内科クリニックに通院し、長期間、時に年単位で睡眠薬が処方され続けています。当然ですが、そこには薬物依存や薬物乱用のリスクがあります。また、長年睡眠薬を服用していると薬物に対する耐性が形成され、薬効自体が徐々に減少してしまいます。よって、不眠症の治療には初期段階から心理・社会的なアプローチの併用が必須と言えます。特に、過重労働やハラスメントは社員様の安眠を妨げるだけでなく、職場での生産性低下は必至です。また、睡眠は、企業文化やワークライフバランス、通勤の負担等とも関係が深く、企業や個人の長期的な取り組みが重要ではないでしょうか。そこで本研修会では臨床医からの見解を参照しつつ、企業や社員個人による予防策や配慮について多職種の参加者とともにじっくり検討してみたいと思います。

研修会の概要は下記の通りです。

              記

日時:4月23日(金) 19:30~21:00
場所:Stress Labo 広尾 (港区南麻布5-10-24-503)
対象:産業保健に関心のある方、特に産業医、精神科医、保健師、カウンセラー、企業に勤務する人事担当者等
テーマ:「勤労者の不眠症について」
参加方法:オンライン(Zoom)
予約方法:下記メールよりご予約ください。参加希望者にはZoomのアクセス情報をお送りいたします。
費用:5,500円(税込)
問い合わせ先:dr.stress.labo@gmail.com

研修会2021.04.07

今月の精神科薬物療法セミナーのテーマは「睡眠薬の使い方について」です。
精神科医はいかにして不眠症を適切に病態評価し、治療計画を立て、最適な薬剤を選択し、用量調整をしているのでしょうか。本セミナーでは、個々の精神科医が実際の臨床においてどのような治療戦略の中で薬物療法を展開しているのか、成功談や失敗談をご自身の言葉で率直に語っていただきます。そこには教科書的ではない内容が含まれるかもしれませんが、きっと大きな意義があることでしょう。また、精神科医だけでなく他科の医師にもご参加いただき、意見交換ができたらと考えています。

是非気軽にご参加ください。
詳細は以下の通りです。

          記
日時:2021年4月19日(月)19:30〜20:30
場所:Stress Labo広尾 (港区南麻布5-10-24-503)
テーマ:「睡眠薬の使い方」
対象:医師、薬剤師、精神保健福祉士、臨床心理士、公認心理士、看護師、医学部・薬学部の学生、医療訴訟に関心のある弁護士等に限る
参加方法:オンライン(Zoom)
協賛:田端メンタルクリニック・広尾ストレスクリニック
費用:5,500円(税込)
予約方法:下記メールよりご予約ください。参加希望者にはZoomのアクセス情報をお送りいたします。
問い合わせ先:dr.stress.labo@gmail.com

お知らせ2021.02.18

研修会のご案内

みなさま、過重労働と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか。一般に、長時間労働によって脳・心臓疾患(過労死を含む)や精神障害、事故や怪我のリスクが高まるとされています。平成31年4月1日には労働安全衛生法が改正されました。それによって、面談の対象者が100時間超から80時間超へと厳格化され、事業者には労働時間の状況の把握が義務付けられることになりました。その結果、企業様において過重労働対策がより重要な課題となっております。また、時間外労働が月間40時間を超えると心筋梗塞発症のリスクが1.2倍に、60時間を超えると1.9倍になるとのデータもあり、産業医にとっても過重労働の弊害は医学的に軽視できるものではありません。

その一方で、多くの産業医は長時間労働者への面談が形骸化しつつあることを実感しているのではないでしょうか。多忙な中、面談を受ける社員様にとっても同様でしょう。
本当に有効で意味のある過重労働対策とは何か、そして産業医は長時間労働者への面談でどのような対応が求められているのでしょうか。

そこで本研修会では、まず、これまでの長時間労働者への産業医面談は有効に機能していたのか、という観点で振り返りや検討を致します。また、在宅勤務の広がりによってもたらされた過重労働に関する新たな問題やその対応策についても情報交換をいたします。その上で、これからの時代で求められる長時間労働者への面談とはどのようなものであるべきか、実務的な視点から具体的に検討致します。

なお、参加希望者には事前資料として冲永医師と私の事前討論を音声資料として配布致しますので、議論の導入や視点の共有のためにご利用ください。

研修会の概要は下記の通りです。

     記

日時:2月26日(金) 19:30~21:00
場所:Stress Labo広尾 (港区南麻布5-10-24-503)
対象:産業保健に関心のある方、特に産業医、精神科医、保健師、カウンセラー、企業に勤務する人事担当者等
テーマ:「長時間労働者への面談について」
参加方法:オンライン(Zoom)
予約方法:下記メールよりご予約ください。参加希望者にはZoomのアクセス情報をお送り致します。
費用:5,500円(税込)
問い合わせ先:dr.stress.labo@gmail.com

皆様のご参加を心からお待ちしております。
                     
Stress Labo広尾 
所長 財津  康司 

お知らせ2021.01.01

定例研修会の年間スケジュール

明けましておめでとうございます。
2021年の定例研修会のスケジュールとテーマは以下の通りです。
本年は産業保健に関するベーシックな事柄をとりあげます。
日常的な問題であるからこそ見逃されがちな本質を多面的に検討できれば幸いです。
本年も何卒宜しくお願い致します。

<年間スケジュール>
1月29日「ラインケアについて」
2月26日「長時間労働者への面談について」
3月26日「処遇困難な社員様への対応について」
4月23日「勤労者の不眠症について」 
5月28日「自分らしい働き方とは」
6月25日「ストレスチェックについて」
7月30日「産業医と企業の連携について」
8月27日「健康診断結果の評価について」
9月24日「復職支援について」
10月22日「労災について」
11月26日「職場環境について」
12月17日「うつ病について」
*いずれも19:30〜21:00

研修会2020.08.02

本日、フレイ法律事務所の内山裕史弁護士と株式会社umari代表の古田秘馬氏(プロジェクトデザイナー)をお招きし、産業医を対象に、withコロナにおける産業医のあり方についての検討会を実施いたしました。

研修会2020.07.17

本日、新型コロナウィルス感染症の入院治療に携わる感染症内科医をお招きし、医師を対象とした研修会を実施致しました。

研修会2020.06.15

本日、心療内科医を対象に、カウンセリングの実技指導を実施致しました。

研修会2020.05.25

本日、「産業医のバランスの取り方〜産業医は企業・社員とどう向き合うべきか」をテーマに、オンラインで研修会を実施しました。弁護士の先生より過去の判例について解説をいただき、それを踏まえた活発な意見交換がなされました。

研修会2020.05.22

本日、オンラインにて、産業医のキャリア形成に関して、オンラインで座談会を実施いたしました。産業医派遣会社の社員様、専属産業医、嘱託産業医にご参加いただきました。

研修会2020.05.15

本日、オンラインにてコーチングに関する研修会を実施いたしました。

研修会2020.04.21

本日、専属及び嘱託産業医、産業医派遣会社の社員様にご参加いただき、テレワークに関する情報交換会を実施致しました。

研修会2020.04.01

本日、精神科臨床未経験の産業医を対象として、メンタル不調者への休職導入に関する面接のスーパービジョンを実施いたしました。

研修会2020.03.25

本日、産業医を対象とした、過重労働者への面接指導に関する研修会を実施致しました。

研修会2020.03.23

本日、皮膚科専門医と、ストレスと皮膚疾患をテーマに症例検討会を実施致しました。

研修会2020.03.19

本日、医師を対象とした、発達障害に関する研修会を開催いたしました。